東京は神田日本橋エリアの
岩本町でカフェやってます。
http://www.onedrop-cafe.com/
皆様よろしくごひいきに!

といいつつ最近はお店blogとTwitterばかり。。。

縁を大切に、迷ったらワクワクする方を選んで!
後は全力疾走です!!

なんてったって、
生きてるだけでまるもうけ!!ですから!!!



2008年04月30日

第9節 VS 東京V戦

4月29日(火) 2008 J1リーグ戦 第9節
新潟 0 - 0 東京V (15:04/東北電ス/35,788人)


お、松下先発。やった!今日は期待できるぞ!!
勝手な期待を膨らませるのが、試合前は楽しいわけで。

好調東京Vを迎えての試合、まあフッキだけでも十分怖いですが
とは言ってもフッキだけなら覚悟を決めれば耐えられる?
そんな感じの試合でしたね。
フッキを見てると大久保とかぶるんですよね。
タイプが似てるってことか。
でも最近の大久保はあそこまで強引じゃないし
周りを活かせるようになって成長したよな〜。
フッキが一皮むけませんように!

船越見たかったなあ。

ヴェルディの河野!!良いねえ、ふてぶてしいねえ。切れてるねえ。
嫌なタイプになりそうですねえ。ウッチーに食って掛かってたもんねえ。

ディフェンスはだいぶ厳しく行ける時間が増えてきたけど
その分、オフェンスはバリエーションがない。
一つ強い形があってそれが決定的ならいいのですが、それもない。
どうしても後ろから追い越していく、連動していく攻撃は
滅多に見れないのが残念。
アレッサンドロ、今日もポストに泣く。
それが今の状態を示してるんですかね。
もうちょいやで、アレ。頑張れ!!
でも累積警告4枚で次節出場停止?
だとすると、どういう布陣を引いてくるのでしょうか。

河原とのツートップが無難なのでしょうが、新しいアイデア見てみたいです。
オフィシャルのトップが大分戦に向けて河原の写真に変わってます。
期待が高まりますな。

結果的には4連敗のあと5戦負けなし。
この後の大分戦、清水戦、磐田戦が本当に楽しみ。
マルシオの復調が待ち遠しいです。
勲もそろそろ来て欲しい。
まだまだ良くなる期待が持てる、持ち続ける日々です。





posted by toshsurf at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

感動が共感に変わる〜人をつなげ、夢が広がる、人生の楽しみ方

先日も紹介をした地球探検隊
中村隊長こと中村伸一氏の著書
感動が共感に変わる!
こちらをご紹介。と、いってもあまり本の内容には触れないかもですがw

中村隊長は(株)エクスプローラの代表取締役。
エクスプローラは、
【地球探検隊】というブランド名で
世界各国の「多国籍冒険ツアー」の予約・販売をしています。
最近では「大人の修学旅行」という彼ら自身のプランニングで運営される
ツアーも人気がある。
内モンゴルで騎馬遠征隊、アラスカでオーロラ、オキナワウォーク。。
っていうとよくある手配会社に聞こえるかもしれませんが、
この会社は凄いんっすよ。
ツアー参加者は「隊員」と呼ばれ、旅先で感動体験をして帰ってきた後も
色んな形で感動が共有され、つながりが継続し、育ち、新たな芽が生まれていく。
そんなコミュニティを育てている素敵な会社なのです。
中村氏は【地球探検隊】の社長だから「隊長」なのですが、
肩書きとしてではなく本当に皆の隊長として慕われています。
実際に中村隊長を始め社員の方々は、
実際のツアーに参加することもあります。
参加、と書いたのはアテンドという意味でなく
隊員と同じ目線でツアーに参加し体験するからです。

ボクは約10年程前に某旅行情報誌の営業担当として
お世話になりました。担当期間自体非常に短かったので
あまりお手伝いできなかったのですが、
その当時から彼らの取り組んでいること、
その熱意、姿勢に感じ入るものがありました。

チャンスがあればツアーにも参加したいと思っていたのですが、
何とそれがボクの新婚旅行で実現しました。

Trek America のツアーで、
ドイツ、オランダ、アイルランド、UK、、、などからの若者達10数名と
イタリア人のツアーリーダーと1台のバンに乗り込み旅をしました。
デンバーから国立公園を中心にテント生活で巡り、L.Aまでの10日間。
見ず知らずの人たちとの共同生活。
共通言語は英語だけど、ボクは英語に自信はない。
最初は中々、打ち解けられなかったけど、
ボクの場合はお酒が入れば何故か、すぐに仲良しw
オープンマインドのきっかけを作ってしまえば、後は楽勝。
楽しんだモノ勝ち!!の態度で普段から皆と接していたら
あっという間に仲良くなりました。

日本では考えられないスケールの川下り。
富士山より高い山でMTBのダウンヒルツアー。
グランドキャニオンでのトレッキング。。。
見たことのない景色、想像を超える体験を数多くした。

アメリカインディアンの居留地での生活体験では
長時間のホースライディングでお尻が擦り剥け出血したり、
彼らのもてなしを受けた見渡す限りの赤い大地で、
星空のもとテントも張らず寝袋だけで一夜を過ごしたり、と。
(当時はアメリカインディアンの歴史について深く知らず、
何も考えず体験に参加して、色んな抑圧の歴史を知りショックも受けた)

様々な国からの初めて会った仲間達と共同生活をしながら
様々な体験を重ねていく体験。これは本当に素晴らしい経験でした。
毎日の食事も当番制で作り、皆に食べてもらう。
日本から持っていったカレーのルーで日本式のカレーを作り
大好評!! 
参加者の中にインド系のロンドンっこの女の子がいて
ライバル心に火をつけたか、その二日後には
本場「ジンジャーカレー」を作ってくれた。
マジ美味かったっす。

毎日、ツアーリーダーの運転するバンで移動中に
シドニーオリンピックの結果を新聞USA Today とかを見ながら、
オランダの証券マンと一喜一憂してみたり。

立ち寄ったパブでビリヤード世界選手権を開催したり。
プールバーブームに少しだけ引っかかった世代だったので
ナインボールで勝ったりするのですが、
日本人がビリヤードできること自体驚かれたり。

日本からの参加は僕らともう一人だけで、
鈴鹿サーキットで働くユミは英語がほとんどしゃべれず
最初はまわりも遠慮していたのですが、最後は皆のアイドル。
言葉の壁を簡単に飛び越えてみせていた。

ボクのパートナーは、
それまでジーンズもはいたことないような女性だったのに
新婚旅行がテント生活。ひょっとしたら旅行中に
結婚を後悔していたかもですね。
テント初日は、夜通し雨が降っていたこともあり
一睡もできなかったそうです。
まあ、あの新婚旅行があったから今があるのかもですな。
大袈裟でなく。

初めて会った仲間が過ごした10日間、
間違いなく一つのチームになった10日間。
解散する都市 L.A の一つ前ラスベガスあたりから、
離れるのが辛くなりバンの中でも変に無口になった。
最後の夜のパーティーは、皆なかなか部屋に戻れなかった。


もう8年近く前のできごとですが、鮮明な思い出が次々と思い出される。
行った場所もそうですが、一緒に過ごした仲間達との思い出が強く残っている。
時々連絡を取っていたけれど、最近してないなぁ。
何してるかな。
また連絡してみようかな。
ボクは、また新たな旅に出ましたよ、皆さんはどうですか?って。


参加者ごとに無数の、そして強烈な体験、感動があり
それがその後の人生に影響をしている。
そんな旅を傍観者としてではなく、
当事者としてプロデュースしている中村隊長。
彼自身がこの旅を通じて多くのことを感じ、
それらを次につなげてきている。
自身の人生を豊かなものにしている。
この本には
ボクの言葉では伝えきれない、
当事者の経験が力強い言葉で語られている。

「旅を楽しめない人は人生を楽しめない」

本の帯に書かれた言葉は、僕らを人生の旅に導いている。


って、本の説明になってないか。

隊長の前著感動を売る!「人とお金」が集まる仕事術も是非、一読を。


タグ:Book Trip
posted by toshsurf at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

旅に出たくなる本

先週から体調不良のまま出掛けていたら
とうとう悪化してしまい、昨日今日と家でじっとしています。

こんなにいい天気なのに。
サーフィンにいく約束をしていたのに。
家の模様替えを盛大にしようと思っていたのに。
物件探しにドライブかけようと思ったのに。
マラソンのトレーニングを再開したいのに。

沢山の予定、願望、欲望を封印して休んでいます。
小難しい書籍は、より具合が悪くなりそうなので
土曜日にABC青山本店で買ってきた雑誌
PAPER SKY―トラベルライフスタイル
大事なことはインディアンに学べ―Best of Native Heart Blog
スペクテイター
やら
届いたばかりの通販生活を眺めながら過ごす。

「旅に出たいなあ」

毎日が旅のような生活しているくせに
具合が悪く家にいると、現実逃避だろうか
あれこれ妄想が働く。
だが、大した思考能力のキャパが残っているわけでもないので
そのまままどろみの中へ。気がつくと夢の中で旅をしている。
ハンモック、テントと小さなバンで世界中を回っている。
ハワイ、アメリカ中西部、アラスカ、アフリカ、アムス、チベット、、、
色んな場所が連続で、地続きであらわれる。
言ったことない場所がほとんどなのに。
アフリカはきっと情熱大陸に出ていた滝田明日香さんの影響だろう。
※是非彼女のホームページを見てください。少しでも感じるところが合ったら是非募金に協力してあげてください!よろしくお願いします。
※彼女の書籍・晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き も読んでみよう!!



夢の中で沢山旅をして
朝起きたらだいぶ具合が良くなってきたと思ったけど
どうやら気のせいのようです。
熱はない(はず。怖くて測ってない)けど
頭が痛くて、鼻水だらだら、のども痛い。。。
久々に本格的な風邪を引いたようです。。。。

本とか読んでる場合じゃないのかしら。

あ、旅と言えば忘れていはいけません。
地球探検隊の中村隊長の本が出版されています。
感動が共感に変わる!
旅って自分の中にある未知の部分を発見する旅なんですよね〜。
現実逃避かもしれないけれど、現実を俯瞰してみる。
現実に対峙する為に、心の旅にでる。
新しいことへのチャレンジも、一つの旅、ですよね!!

まあ、ボクは新たな旅に出たばっかりなんで立ち止まらずに歩みを進めます。

その前に健康第一。
こんなブログ書いてる段階で、治す気あんのかって話ですが。
ま、書くだけの気力は残ってるってことで。
具合悪いけど元気です!!
生きてるだけでまるもうけ、な風邪っぴき状態、楽しんでます。


タグ:Book Trip
posted by toshsurf at 12:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8節 vs 札幌戦

4月26日(土) 2008 J1リーグ戦 第8節
札幌 0 - 1 新潟 (13:33/札幌ド/13,055人)
得点者:63' 松尾直人(新潟)

スカパー観戦
祝マルシオ初先発
祝木暮A契約 でした。
祝もっくん(知り合いじゃないけど)ピンの大写し画面に鈴木淳監督のクレジットw

マルシオ、コンディションはまだまだなんでしょうが
存在感抜群です。一度ボールが収まると何かが起こる気がします。
実際、人とボールが動き出す。
見ててワクワクする瞬間が幾つかありました。
木暮くんに良い刺激がまた加わったのでは。

寺川を始めとする中盤に活力が出てくれると、
前の方でのチャンスが増えますよね。
ダビィ(新潟の方)も活き活きして動いていた、
まだまだ彼については不満なのですが。

今日の得点者、松尾でしたが
正直、パフォーマンスに不満があり
特にクロスやパスの精度のなさが気になってました。
交代希望を念じながら見ていたのですが
クロスがするするとゴールしてしまい、これが決勝点。
大きな勝ち点3と生み出してくれたわけです。

ナイス蹴り損ね、VIVA不安定クロスの精度!!
カーブ掛かんなかったわけですな。

札幌のダビィの頭突き退場もあったりして
そのチャンスをものにできたのも良かった。

チーム全体の流れ、バイオリズム的なものは
間違いなくいい流れになっていると思う。
上手くいけばGWを負けずにやりきることができるかもしれない。
サポーターの皮算用ほど当てにならないものはないでしょうが。
期待せずに入られません。
負け続けていても、応援できるチームがある幸せ。
そして、そのチームの調子が上がってきた(かもしれない)
こんな幸せを感じられること自体、平和の証し。
まだまだ、これから楽しませていただきます。

GWですから集客面でも満員のスタジアムを見たいものです。
スカパーからになりそうですけど!
posted by toshsurf at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

『慈悲を生きる〜ダライラマ14世とチベット』@ T.W.P  長野を聖火が走った夜に

4月26日土曜日
『慈悲を生きる〜ダライラマ14世とチベット』@ 東京ウイメンズプラザ

http://www.tokyopros.com/dalai_lama/

3年前の、ダライ・ラマ法王70歳祝賀記念行事
砂曼荼羅製作の会場で流れていた映像
『COMPASSION IN EXILE』
これを青樹洋文さんが上映会を開催。
地球探検隊中村隊長のブログで知ることができました。

偶然にも、長野を聖火が走った夜に
チベットのこと少し知ることができました。

あ、話それますが
そもそもあのたいまつを「聖なる火」と呼んでいるのは日本くらいらしい。
他の国は大体「オリンピックの火」「オリンピックの松明(たいまつ)」
としか表現されていないんですな。
日本は聖火だから、「聖なる火」が汚された!!
とかなるようです。

フィルムの内容は、
ダライ・ラマ14世の生い立ちをインタビューを交え紹介。
彼の兄妹のインタビューなどから、
チベットの実情を知ることができました。

チベットの少女のインタビューでは、
中国軍の勧誘により入隊後すぐに複数の隊員にレイプされた話や
妊婦や若い女性に中絶や避妊手術を強要して
子どもが生まれないようにしている現状が語られていた。
悲しい話である。チベットを始めとする中国の少数民族の受けた
圧制に依る悲劇を知るにつけ、悲しみが大きくなります。

彼らの悲劇の一部だけだと思うが、知ることができた。
もっと多くの人に知ってもらいたいと思いました。

上映前に青樹さんが友人の環境関連の活動家に言われた言葉を紹介してくれた。
「環境問題の一番の原因、問題点は何か?」
「それは我々人間が環境問題について知らないことだ」

このチベットの問題もそうだと思う。
また、当事者以外は口を出すな!と中国政府と同じような事をいう
日本人の論調を見かけるが、それはどうかと思う。
弱者に対して周りがサポートしないでどうする。
無関心は罪だ、とまでは言わないが、ノンポリだろうと
感じたことに素直でいたいとは思う。

また、話がそれますが
中国だけが少数民族を弾圧してるように言われますが
アメリカ・インディアンに対する虐殺、弾圧の歴史をはじめ
世界中には、まだまだ沢山あるわけです。
日本のことを単一民族国家でよかったとか、
短絡的にいってしまう人もいますが、それも悲しいことです。
我々が無知であることを認め、知る努力をしたいものです。

ダライ・ラマ14世のインタビューも多く、
彼の人柄(と言って良いのでしょうか?)に
とても惹き付けられました。
笑顔と笑い声が非常に素敵です。




posted by toshsurf at 14:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

quasimode リリパ @代官山unit

金曜日のquasimode クオシモード
代官山unit でのリリースパーティー
滅茶苦茶豪華な顔ぶれでした。

2008年4月25日(金)@東京・代官山UNIT
”Straight to the Land of Freedom” & “The Land of Freedom”
Sonar Kollektiv Release Party"
LIVE : quasimode
DJ :
Jurgen von Knoblauch (JAZZANOVA)
沖野修也 (Kyoto Jazz Massive)
福富幸宏
小松正人 (Slowly)

SALOON (B3F)
DJ :
小川充 (DMR)
西山隆 (niche)
AROOP ROY (Freestyle Records / absolute!!)
SHOGO YOKOYAMA

INFORMATION:
OPEN : 23:00
START : 23:00
CHARGE : ADV.4,000yen/DOOR 4,500yen

quasimode はかなり盛り上がってました。
ステージパフォーマンスというかアクションが派手になってきたのは
大きめの箱だったから?
特にDrum 奥津さん、Per mattzさんのアクション注視してしまいました。

そういや、昨日スマステーション見てたらBGMでquasimode使われていましたね。
スカパー見てても「あ、クオシ」と気づく場面がでてきました。
世の中にどんどん浸透しているですな!!

Jürgen von Knoblauch (JAZZANOVA)のプレイは予想以上でした。
音のかぶせ方が変態です。なんでもありです。
なんかしらんが、みのるさんに似てる。
って、誰も知らないと思いますが。

最初っから気持ちよくなれる曲と、
いまいちだと思っていたのに
だんだん気持ちよくなってきて、
気がつくと体中その曲に支配されている曲と。

そろそろ帰ろうかと思っているのに、
なかなかフロアを離れられませんでした。
いや〜、良かったっす。

しかし、Sonar Kollektiv からヨーロッパリリースって
やっぱすげーな、凄いことだと思います。
おめでとうございました、quasimode。


タグ:music
posted by toshsurf at 12:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

銀座、新橋飲みある記、そして今夜はquasimode @ 代官山UNIT

今週の夜は毎日お出かけ。。。
良い出会いをしていますが、飲み過ぎだな。
GWは自粛だな、飲むけど。

水曜日
前職時代の後輩二人と銀座。
ベルギービールを飲む。
Belgian Beer CAFE
ANTWERP SIX

http://www.belgianbeercafe.jp/

ニッタビルが新しくなった時にオープンした店。

銀座でベルギービールというと
Favori
http://www.eurobeer.net/favori/
こちらよりは広くてビアホールとかカフェみたいな雰囲気。

ムール貝のワイン蒸しとか食べながら、ベルギービールグビグビ。
そして近況を聞く。おー、そんなことになってるのか〜。
楽しみだね〜。応援してます。
今ここでは書けませんが、二人とも企んでおりますな。

後輩が担当しているクライアント企業G社で、
ボクの後輩N澤(チャッキー)と会ったと言う話が出たので
じゃあ呼んでみよう!
と軽い気持ちで電話したら、渋谷から即駆けつけてくれた。
相変わらず、義理堅くフットワークが軽い。

場所をCurl Bar に移動して、更にビールで盛り上がる。
アツい話(=おっさん達の昔話)を
チャッキーが後輩達にしてくれた。
少しはアツいものが伝わったかな?
でも、後輩達は電車の時間でそそくさと帰宅。
残ったおっさん二人で最後はテキーラでした。
人と人がつながっているのを再確認した瞬間でした。


木曜日
名古屋からの刺客、S瀬と刺し飲み。
旬の魚に旨酒尽くし「いし井」
http://r.gnavi.co.jp/p673900/
二度目でしたが、やはりここはお酒と合う料理を出してくれるので
ついつい飲み過ぎてしまう。
今夜のベストはこの二品
お酒は
ishii_1.jpg
山形県米沢市の新藤酒造店がつくる「雅山流うすにごり」
フレッシュな香りがあり、口に含むと活性にごりなので
かすかに含まれるガス(ぴりっとします)を感じます。

料理は
ishii_2.jpg
自家製カツオの薫製。中はレアで絶妙なバランス!!
これは、マジやばい。
これのせいで酒が進み過ぎ、この後大変でした。
薫製のコツを色々教えてもらってきたのでGWには試してみようと思います。

久しぶりの再会でしたが、変わりなくアツい男でした。
相変わらず声でかいし、ばっさり切り捨てるし。楽しいです。
S瀬くんは毎週上京するようですので、また遊んでもらおうと思います。

またもや、Curl Bar に立ち寄り酔っぱらった体に追い討ちをかけて帰宅。
朝、しんどかったっす。



さて、今夜4月25日は いよいよ代官山UNITで
quasimode
"Straight to the Land of Freedom" & "The Land of Freedom"
Sonar Kollektiv Release Party

です。
Jürgen von Knoblauch (JAZZANOVA)が楽しみ。
勿論quasimode の LIVE、期待しています。


ちなみに翌26日には大阪NOONでもあります。
関西方面の方、行けるもんなら行っといた方が良いですぜ。


タグ:friend music food Bar
posted by toshsurf at 13:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

大相撲番付にみる国際化

相方が、近所の相撲部屋のおかみさんに頼まれ
番付発送の手伝いにいっていた。
お礼に貴重な番付表をいただいてきた。
sumoranking.jpg

驚くのは力士の出身国の多さ。
sumoranking_2.jpg

中入り後32人中
モンゴル8人
ロシア3人
グルジア2人
ブルガリア1人
エストニア1人
韓国1人
丁度半分の16名が日本国籍以外の力士!!
十両にはさらにモンゴルが6人!!

十両より下にまで目をやると
カザフスタン、ブラジル、中国、トンガ、チェコ、ハンガリー、、、凄い。
多国籍興行集団である。

ヨーロッパではEURO SPORTS で大相撲が放映されているらしく
ファン層の拡大が進んでいるそうです。

国際色豊かになっていくことに不満の声をあげる人もいるようだが
門戸を開いた以上自然な流れかと。

海外興行も積極的にしており、今後の発展が楽しみ。

問題が多く噴出した大相撲、丁度変化変革のタイミングなのでしょう。
緩やかではありますが、少しずつ運営面での変化もあるようです。

子どもの頃はよく見ていたような気がする大相撲。

ボクは、ロシア出身大嶽部屋の露鵬関を応援しています。
なかなかTVなどでも見る機会がないのですが。
是非、久しぶりに生の大相撲見に行きたいものです。
posted by toshsurf at 15:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死刑判決が出て思うこと

犯行当時18歳の少年に死刑判決が出た。

これに関して、様々な意見が出ていますが
多くの人が「妥当」であるとの見解かと。

特にマスメディアの報じ方にそれを感じる。
最高裁の差し戻しの段階で、今の流れはできていた。
被害者の遺族の真摯なそして率直な気持ちが
メディアを通し我々を感じ入らせ、味方に付けた。
それはそうだ、自分自身が被害者遺族になった時に
湧き起こる感情を重ね合わせれば、同じ気持ちになるだろう。
世論が「死刑」へ押し戻したと言っても良いかもしれない。

ボクの中で「死刑」に関して結論は出ていない。
今ぼんやりと見えるのは、「死刑制度廃止」という気持ち。

人を殺すことに対して死を持って償うのが当然、
という考え方もあろう。

だが、
人を殺すことはいけないこと、悪であるのに、
なぜ法律で人を殺すことができるのであろうか、とも。

矛盾がぐるぐると、
まさしくぐるぐるとボクの中をめぐる。

死を持って償え、という論
生きるという権利を奪うことで罪を相殺

死は償いに値するのか?という論
生きていてこそ罪を償うことができる
(無期懲役ではなく終身刑とする等)



勿論この殺人は、残虐で非人道的。
その手順は聞くに堪えない
許しがたい犯罪だ。
どうやっても償えるものでもないし、
死刑が確定し執行されたところで、
遺族の、そして加害者の親族の
悲しみ、苦しみの連鎖が今後も収まることはないのだろう。




陪審員制度が始まるにあたって
身近で「死刑制度」について語り合う必要が
きっとあるんだろうな。
ネットでなくリアルな場で。
日本人はこういう問題を正面切って
口に出すのが苦手な人が多い。
しかし、
どうしてもネットの中での議論は
強硬、右傾、極論となりがちである。
顔が見えないからだろうか。
口には出せないような罵倒も溢れている。
同じ人に内包する多様な考えの中の
ある部分だけが突出してしまいがちだ。

ちなみに、
先進国で死刑制度があり、執行している国は
日本以外に中国(先進国?)とアメリカ(州による)くらいなものだ。
それが、廃止論に直結してしまうのは安直だが、
何故世界の流れが廃止に向かっているのか、知っておく必要はあると思う。
800px-Death_Penalty_World_Map.png
wiki/世界の死刑制度の現状

「死刑」について、もう一度、もう少しだけ踏み込んで
考えるべき時に来ているように思うのです。








タグ:NEWS
posted by toshsurf at 14:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

PAUL POTTS ポール・ポッツ「One Chance」の奇跡

携帯電話屋の冴えない男、Paul Potts ポール・ポッツ。
知ってます?
ボクはしばらくポール・「ボッツ」だと思ってました。

日本公演が近くあるようで、
プロモーション効果か一般に認知され
感動が広まってますね。ポール・ポッツ。

めざましテレビでも紹介されていたそうな。

銀の豆 亀ちゃんブログでもその感動が記されていたので便乗してみます。
彼についての説明はリンクを参考にしてください。
http://www.ginmame.com/blog/?eid=111

あ、彼のこと初めて知った人は
プロフィールとかあんまり読まずに
いきなり動画見た方が良いと思います。

☆ポール・ポッツの才能が発掘されたシーン☆(必ずこちらから見てください)
※これはホント鳥肌立ちますよね。
 「America's Got Talent」のイギリス版「Britain's Got Talent」で起こった奇跡です。


☆準決勝・決勝・審査発表のシーン☆
※まさにワン・チャンスをものにした男、ポール・ポッツ。
※YouTubeにも多くアップされてます。「Paul Potts」で検索してみてくだしゃい。


ボクも亀ちゃんさん同様オペラに造詣が深いわけではないですが
これは文句なく人を引きつける、感動を生む音楽ですね。

さっきエントリーした、いとうせいこう氏のパフォーマンスも
手法は違えど人の心を動かす。感動の連鎖を生み出す。

こんな出会いがあるから
生きてるだけでまるもうけ、ですよね。




タグ:music
posted by toshsurf at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FREE BURMA WE ARE BUDDHIST,TOO Poetry Reading Japan

いとうせいこう
Dmx(Dub master X)
TAKAGI KAN
DJ BAKU

という僕らの世代には懐かしく
強い個性を持った面々が、
代々木公園でDUBセッションを行いました。

「ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング」



※こちらはノーカットバージョン。できればこちらを見て欲しい!!
http://blogs.itmedia.co.jp/itoman/2008/04/post-9345.html

Earth Day TOKYO のイベントの一つとして行われたものです。
「まさに21世紀のアジテーションだった。(by Dmx)」同感です。

今は盛んにチベットのことが取り上げられていますが、
ミャンマー軍事政権(ビルマ問題)、ウイグル問題など
アジアには多くの問題があります。
昨年ジャーナリストの長井健司さんが殺害されたのを
覚えていますか?既に風化しているのではないでしょうか。

「対話せよ 威嚇するな」
「対話せよ 殴打するな」
「対話せよ 投獄するな」
「対話せよ 殺害するな」

「対話せよ!」

「我々もまた彼らである」
「彼らはまた我々である」

かなり強いメッセージでした。
繰り返されるメッセージ、強く刺さりました。

こういうものに嫌悪感を覚える人もいるかもしれません。
まあ、でも一度聞いてみてくださいな。

ボクにはコピペするぐらいしかできないのですが、
みんなが幸せになる為の小さな努力を
それぞれが惜しんではいけないと思うのです。

「ビルマ軍事政権に抗議するTシャツ」
http://www.cataloghouse.co.jp/cat_order/tsuhan/burma/index.html

アンダーカバーが作ったTシャツ、ボクも買いました。

生きてるだけでまるもうけ、少しは誰かの役に立ちたいのです。
タグ:music
posted by toshsurf at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

股関節痛だけど出会いは楽し

先に言っときますが、
以下日記のようにだらだら続きます。
まあ、いつものことですが。

月曜日
股関節痛も癒えたように思えたので
ランニング。
し、しかし走り始めて2kmくらいでまた痛みだした。
ヤバいなこれ。歩くのもままならない。
どうしよう、このまま歩けなくなったら、と不安になるくらい痛い。
慌てて近所のおくやま治療院に駆け込みほぐしてもらう。
完全に良くなるまでランニング自粛ですな。
GWにガンガン走ろうと思ったのですが、残念。
ちょっと走れるようになったから調子に乗ってしまったのでしょうか。


夜は足を引きずりながらも
前職の同僚、ようちゃんと京橋にて密会。
4月から責務が増え、パツパツだと本人は言っていたけれど
話を聞くと、立派に務めを果たしているようで、
(本人はそんなことないって言うでしょうが)
安心、っていうか尊敬。
真面目なのね。

彼女が駆け出しの編集者の頃、
ボクのことが怖かったと最近会うたびに言われる。
そんなに怖かったのかい、ごめんなさい。
まだ怖いもの知らずだったのでしょうかね。
今後は
「仕事に対してアツくて情熱的で妥協を許さなかった姿が素敵でした」とか
美化して言ってもらうことにしましょう。よろしく。

6月の千歳マラソンを一緒に走るのが
今から楽しみです。

その前に皇居でも一緒に走りましょう。
興味のある方一緒にいかがでしょう。
股関節痛が治ってからですけど。


火曜日
先輩のお供で中目黒の、とある会社の事務所を訪ねる。
中々刺激のある出会いでした。
何かお手伝いできるんじゃないかなと。単なる感ですが。
今後ともよろしくお願いします。

お会いした社長は lunchbox ランチボックスのコレクターで
色々説明をしていただき実物を見せていただく。
90ea_2.JPG
※写真は見本。
見せていただいたコレクションはもっと美品でレアアイテム。
沢山あって圧巻でした。

日本国内にはあまり良いコンディションのものがないらしく
海外で買い付けてくるそう。数100ドルするものもあるとか。
たかがランチボックス、されど。。。
コレクターの世界は奥が深くてひだがあるのう。


夜は池尻大橋CAVE246
みぽん&岡ちゃんと。
246沿いのビルの地下。
まさに洞窟のような雰囲気。
靴を脱いで入るというスタイルが新鮮。
こちらのオーナーは前職時代つながりのベンさん。
直接接点はなかったでのでみぽんに紹介してもらう。
前オーナーから譲り受け最近リニューアルオープン。
料理の種類が豊富でどれもオイシかったです。
次は密会で使わせていただきます。

この三人で飲むのは初めてかな?
意外とっていうとなんだけども、盛り上がりました。
それぞれの視点があって面白い組み合わせかもね。
共通していたのは三人とも新たなステージに
立とうとしているもしくは立っている点かな。
仕事だったりプライベートだったりそれぞれ状況違うけど。
また誘ってください。

ここ数日必要最低限しかMacに触ってなかったので
もろもろ溜まってしまい処理してたらこんな時間。
大したことしてないのに。


明日はどんな出会いがあるのでしょう、
生きてるだけでまるもうけ、ですな。
タグ:food Bar friend
posted by toshsurf at 03:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

第7節 vs 京都サンガF.C戦

4月19日(土) 2008 J1リーグ戦 第7節
新潟 1 - 0 京都 (16:00/東北電ス/27,115人)
得点者:4' アレッサンドロ(新潟)

ようやく今期初勝利。
そこに目がいきがちだが、京都戦初勝利おめでとう、だな。
カモにされていたわけじゃないけど、なかなか勝てませんでした京都に。

しっかし、荒れた試合でした。
前半はともかく、何、後半の笛。カード出し過ぎ。
確かに前半から、笛の多い試合だなとは思ってましたが
選手が悪いピッチの中、お互いに耐えながら試合しているのに
主審が先に切れちゃった感じでしたね。
その空気に一緒に乗っかっちゃったスタジアムの一部サポーターも残念。
TVからもスタジアムの空気の悪さが伝わってきましたよ。

選手は良い試合したと思います。
最後まで勝ちにこだわったと思います。
数少ないシュートも、惜しい、っちゅうか決めろよな!!
っていうくらい惜しかったし。


松下、途中退場だったけど大丈夫かな。
良い働きだったので心配です。

ゴールに向かった意識の連動がところどころ出てきたのが嬉しい。
ボールを貰う時にゴールに背を向けるのではなく、
前を向いて貰おうという意識が見えるのがとても嬉しい。
アレッサンドロが結果を出してきたので、
自信を持って動けているのが大きいですね。

あとは、ダビィがどう自信をつけていくかだな。
ボクの中ではまだまだ不満です。
彼が良くなってくることが、貴章の活躍につながると信じています。

マルシオ、さすがです。
彼がボールを持つと試合が落ち着くし、
何かが起こるような気がします。
これって凄いことですよね。
相手も警戒しているのがよくわかります。

ここから、けが人が出ないことを祈ります。
メンバーが揃い始め、連動し始め、結果が出始めている。
ここでアクシデントが起こらないことを、
ただただ祈るのみです。


GWに向けて集客も課題かと思います。
ボクも微力ですが、スタジアムへの勧誘続けます。

オラがチームがあるだけで
生きてるだけでまるもうけ、幸せなことです。

posted by toshsurf at 11:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCから離れた週末

土曜日
先輩宅に娘と出掛ける。
会社を辞めることになった先輩の今後のライフプランを聞く。
だが、なかなかライフプランが出てこない。
ビジネスプランは沢山出てくるのですけど。
そこまで沢山の選択肢を持っているのなら
それらを精査する意味でも、しばらく休むことを提案。
きっとゆっくり休めないと思いますけどw。
「精査」は、自分にとって何が大切なのか、というシンプルな判断で。
まだ、揺らいでいるようでしたが、
彼のパートナーNちゃんの方が既にわかっているようだったので安心。
できた奥様だねぇ。
休みに入ったら、今度はボクのサポートもお願いいたします。

日曜日
昼頃からプールへ。
子どもというのは、本当に成長が早い、早く見える。
また、泳ぎが上達している。
いつも思うが、このスピードでオトナも何かを習得できたなら。。。

この一週間、股関節痛の大事を取って走りませんでした。
なので、このプールは自分自身のトレーニングにもなる。
土曜日のNちゃんはヨガインストラクターなので、相談したら
やはり、カラダの固さ、特に股関節の可動域の狭さが原因と。
ストレッチを教わったので、継続してみます。

帰ってきて遅めの昼食後、昼寝。
これが気持ちいい。運動して疲れたカラダに心地いい。
会社勤めだけでは味わえない、感覚。

夜、PCを立ち上げようかと思ったけど封印。
瞑想とかしてみるけど、簡単じゃないですね。
「瞑想」しよう、「無」になろう、とか思ってる間は、間違いなく無理。。。
呼吸法にだけ集中していると、いつの間にか集中。
って思うと元に戻る。。。の繰り返し。

その後の読書とかとても集中できますね。
朝と夜寝る前にやるとようです。
朝って、時間なくてできない人多いでしょうけども。

また、一週間が始まりました。
生きてるだけでまるもうけ、でいきましょう。









posted by toshsurf at 10:38| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

映画「靖国」右翼系団体が上映会 各紙の反応

今朝、各紙に掲載された
右翼団体向けに映画「靖国」の試写会開催のニュース。
各紙の取り上げ方のニュアンスから、
その新聞のスタンスが見えるな〜、と思い
チェックしてみました。
時事通信の取材ソースをそのまま、の新聞もありました。

ネットだと即座にこういうことができて
おもろ〜!ですな。


「駄作」「労作」…右翼系団体の活動家ら「靖国」試写会
asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0418/TKY200804180326.html


映画「靖国」:右翼の反応さまざま…東京で試写会
毎日jp
http://mainichi.jp/select/today/news/20080419k0000m040125000c.html

右翼関係者が映画「靖国」試写会=内容には賛否の声
時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008041800913

「反日映画だ」など厳しい声…右翼団体向けに「靖国」試写会
SANSPO.COM
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200804/sha2008041904.html

映画「靖国」右翼関係者が上映会、「見てから議論を」と
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080419-OYT1T00132.htm



北海道新聞はしっかりと現代かわら版という特集で
一水会顧問鈴木邦男氏にインタビューをしています。

本当に怖いか 民族派政治団体 上映中止はなぜ?「靖国」に広がる波紋
現代かわら版 北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/kawaraban/22122.html

まあ、興味がある人は各紙の違いを確認してみてください。

PC環境に触らないつもりでしたが
資料チェックの必要があり確認してたら、ブログまで書いてしまう始末。
意志を持たないと、だらだら一日終わってしまう、
そういうのもアリですが今日はアクティブに動きます。


お、
TVでは「王様のブランチ」(関東ローカル?)で
ブランチ×じゃらん コラボ旅 in 伊豆 とかやってますよ。
さっき、一瞬ですがグレイ齋藤さんが映ってました。

雨も上がった春の曇り空
生きてるだけでまるもうけ、です。

タグ:NEWS
posted by toshsurf at 13:09| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

Rodrigo y Gabriela

土砂降りの中、出掛けようかと思ったら
マイミクM沼の日記で Rodrigo y Gabriela を紹介していて
カッコ良かったので、皆様にもお裾分け。
っていうか、コンテンツパクリですけど。
よいよね、M沼さん。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=779271288&owner_id=701717
※こちらには、カバーの元ネタも載ってます。

「フラメンコ、ジプシー、メタル、プログレ、スラップ...」
ジャンルレスなので、
yo-hey.com さんにも
BOSCA 高波さんにも
Müllerさんにも
kiyotasurfさんにも、お耳にあうのではないでしょうかね。
では、雨の週末にきつい酒でもあおりながらどうぞ。




Rodrigo y Gabriela live at the Scala


Rodrigo y Gabriela - 'Orion'


Stairway to Heaven live (Rodrigo y Gabriela)




さらにRodrigo y Gabrielaを堪能してください。
http://www.rodgab.com/watch.htm


良い音楽に出会うと
生きてるだけでまるもうけ、ですね。
タグ:music
posted by toshsurf at 15:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kawara CAFE&DINING 宇田川店 & LAS CHICAS

水曜日

Bosca 高波君に誘っていただき、
kawara CAFE&DINING  宇田川店の
レセプションパーティーへ。
久々に金さんと一緒に。

http://www.ka-wa-ra.com/

〒 150-0042
東京都渋谷区宇田川町36-6 
ワールド宇田川ビル2F
TEL+FAX 03-5456-1770
OPEN 11:45-24:00 
定休日 無

昔DMR(Dance Music Record)が地下にあった場所。
前の店舗はチェーン系の居酒屋だったそう。
入り口すぐにDJブースがガラス張りでお出迎え。
クラブイベントなどもできるCafe & Dinning。
この日もイベントスタイルだったので
中は人だらけ。入場制限かかっている状況。

この激戦区渋谷でこそ強みを発揮できそうな
皆に愛されるスペースになりそうですね。

オーナーにもご挨拶ができました。
同い年くらいかと思った(失礼)のですが、まだ20代だそうで。
立ち上げから3年で7店舗を手掛けるやり手です。
おめでとうございます。


で、あまりの激込みに30分程で退散。
神宮前へ移動して、ラスチカスへ。
http://www.vision.co.jp/
いやー、久しぶりに来ましたよ。
3月にリニューアルをしたので、昔の面影はありません。
見た目全然別の店です。
外人の多さは変わらないし、メニューもそんなに変わってなかったです。
居心地の良さも相変わらずでよかった。

時々この店を手伝っているArtist アズAZ に会いに来たのです。
久々の再会でしたが、全然変わってなかった、AZ。
AZからしてみると、ボクは昔のイメージと全然違うらしく
「若ぶってる」とか散々な言われよう。
確かに20代の頃の方が老けてたかもね。
何か一緒にできると良いですね、よろしく。

モヒートMojito を飲もうと思ったら
ジンジャーワインモヒート
Ginger Wine Mojito をすすめられトライ。
美味いっすね、これ。
コレからの季節にあいます、が多分この店くらいしかないのかな。

地下にできたTOKYO SALON も見せてもらいましたが、
かなり落ち着く空間。奥のソファー席に10人くらいで飲みながら
ゲームでもしたい感じでした。
自分で作りたいスペースに少し似ていました。
こちらは、これから(4月19日かな)グランドオープン。

また、遊びにいきます。


金さんとの話の中で「ジェネレーションギャップ」という言葉ができた。
「歳のせいか、若い娘とのジェネレーションギャップを強く感じることがある!!」
(※この場合、見てたアニメとか歌とか流行ものの常識が違う、っていうギャップのことは除きます。)

でも、ボクはできるだけ「ジェネレーション」で区別したくはない。
その延長には「ナショナリティ」で区別する思考が生まれてしまう。
できるだけ「パーソナル」で判断したいと思うのです。

もちろん、「世代」や「国籍」などの違いによって
受けてきた教育や世相が異なるのは仕方ないことで
それらによって常識や好みといった価値観、判断基準に傾向があるのは
当たり前のことだとは思いますが、それでも「人それぞれ」だと思うのです。

歳を重ねると新しいことに対応するしなやかさが無くなっていく傾向が
「人によって」はあると思うのですが、それは、今若い人たちも同じこと。

どんどん新しいこと(時代の新しい古いではなく、未知のことの意)を吸収する力が
衰えていく、経験値に反比例して衰えていく人が、あまりに多いと思うのです。
それを、年齢のせいにする人が本当に多い。これって、しょうがないことなんでしょうか?

しょうがないかどうかは、わからないし、答えは出ないけど。
自分もどうなるかわからないけど。
雨が強く降る日に、そんなことを考えるとあんまり良いことなさそうだ。

生きてるだけでまるもうけ、なのにね。

と、途中で放り投げてみるのでした。






タグ:food cafe
posted by toshsurf at 15:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

もしかしたら、あともう一人だけ誰かが声をあげれば、世界に平和が訪れるかもしれない

最近まとめて読んだ3冊の本。
それぞれ違うきっかけで手元に来て
数ある本の中から、たまたま読むタイミングが重なったのですが
これらの本から得られたものを抽出すると共通点が多い事に気がつき
一人で興奮。

よく考えると、自分の強くのぞんでいる情報は
自分にとって都合のいいように解釈し抽出しているのだから
当たり前と言われれば、そうか納得。
読むタイミングが違ったら感じ方は変わるはずですよね。





シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ
タカハシダイスケ氏(not ice skater)が読んでいたのをめざとく発見。
丁度シンクロニシティという言葉が自分の中で重要な位置を占め始めていた時だったので購入。
リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)
去年流行ったこちらの著者が訳と解説してます。読んだ方はこちらをより強くおすすめします。

記事タイトルは、この本の締めの言葉。
「もしかしたら、あともう一人だけ誰かが声をあげれば、
世界に平和が訪れるかもしれない。」

依存や責任という言葉に囚われながら生きている我々に
心の在り方を教えてくれます。
「リーダーになりたかったわけじゃない。
ただ、夢の実現を強く望んだだけだ」

シンクロニシティとは、
偶然に関連する出来事がほぼ同時に起こること、を意味しますが
結局は関連するかどうかは、感じる人の「心の在り方」なんだなと気がつきます。

ストーリー仕立てで、色々な学問の要素をわかり易く我々に教えてくれます。

続きを読む
タグ:Book
posted by toshsurf at 14:52| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリカーボネート容器の危険性

小さなお子さんがいる人
要注意です。

Chemical in plastic may harm human growth

いいですか、子どもも大人も、もうポリカーボネイトの容器で水やお茶を飲んではいけません _ From Native Heart

実際どうなんだろうって、思ったけど。
BPAはいつから使われていたのでしょう。
今まで使ってきた子どもたちは、
既に悪影響が出ているのでしょうかね。
注意できるならした方がいいのでしょう。

きっと日本こういう発表に対する対策は、
相当に遅いでしょうから
自己防衛するしか無いと思います。
買わない、使わない、皆に伝える。
自己判断で行動してください。
タグ:NEWS
posted by toshsurf at 12:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

パラパラ Kraak & Smaak - Squeeze Me

小さな頃、教科書の隅に絵を描いて
パラパラ漫画をやった事がある人は多いと思います。
Kraak & Smaak - Squeeze Me(音が出ます)
( JUN TAKAHASHIさんはパラパラ天国と名付けていました。)

パラパラ。。。かなりはまる。興奮しました。

他にも色んな映像がアップされています。
No fat clips!!!
面白い映像が沢山ありそうですが、
ハマってしまう可能性大なので自粛。
時間つくってのんびり見てみよう。
posted by toshsurf at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。