東京は神田日本橋エリアの
岩本町でカフェやってます。
http://www.onedrop-cafe.com/
皆様よろしくごひいきに!

といいつつ最近はお店blogとTwitterばかり。。。

縁を大切に、迷ったらワクワクする方を選んで!
後は全力疾走です!!

なんてったって、
生きてるだけでまるもうけ!!ですから!!!



2008年08月29日

伊藤和也さんの志望動機

アフガン邦人男性拉致、殺害の被害者となり
帰らぬ人となってしまった伊藤和也さん。
それ相当の覚悟を持って現地で活動していたとはいえ
志半ばでの死は無念であった事でしょう。

このエリアは元々あった農作地がケシの栽培に使われており
それらを他の農作物に転換する活動をしていたそうです。
この事は現地では治安悪化を防ぐ行為として賞賛されていたようです。
地道に続けていた活動が現地に受け入れられつつあった中、
今回の事件は起きてしまったのです。

彼らのような地道な活動が、世界の生活基盤の安定の一助となり
日本の国際貢献の源となり、国際社会の中での日本の評価に直結していると考えます。
治安の悪い中、現地での活動を続けていた事を無謀だと評する人もいるかと思いますが
彼らのようなギリギリの中で相当な意志を持って今も活動を続けている人もいるという事をボクらは忘れてはならないんだと、強く感じました。


8月28日付の産經新聞に伊藤さんのペシャワール会への
入会志望動機が全文掲載されました。
ここに全文転載します。
特に最後の文章を皆さんに知って欲しいと思い掲載しました。

ワーカー(現地で働く人)志望の動機
 伊藤和也
 私がワーカーを志望した動機は、アフガニスタンに行き、私ができること
をやりたい、そう思ったからです。
 私が、アフガニスタンという国を知ったのは、2001年の9・11同時
多発テロに対するアメリカの報復爆撃によってです。
 その時まで、周辺国であるパキスタンやイランといった国は知っているの
に、アフガニスタンという国を全く知りませんでした。
 「アフガニスタンは、忘れさられた国である」
 この言葉は、私がペシャワール会を知る前から入会している「カレーズの
会」の理事長であり、アフガニスタン人でもある医師のレシャード・カレッ
ド先生が言われたことです。今ならうなずけます。
 私がなぜアフガニスタンに関心を持つようになったのか。
 それは、アフガニスタンの復興に関係するニュースが流れている時に見た
農業支援という言葉からです。
 このこと以降、アフガニスタンに対しての興味を持ち、「風の学校」の設
立者である中田正一先生の番組、偶然新聞で見つけたカレーズの会の活動、
そして、カレーズの会の活動に参加している時に見せてもらったペシャワー
ル会の会報とその活動をテーマにしたマンガ、それらを通して現地にいきた
い気持ちが、強くなりました。

私は、関心がないことには、まったくと言っていいほど反応しない性格です。
 反応したとしても、すぐに、忘れてしまうか、流してしまいます。その反
面、関心を持ったことはとことんやってみたい、やらなければ気がすまない
といった面があり、今回は、後者です。
 私の現在の力量を判断すると、語学は、はっきりいってダメです。農業の
分野に関しても、経験・知識ともに不足していることは否定できません。た
だ私は、現地の人たちと一緒に成長していきたいと考えています。
 私が目指していること、アフガニスタンを本来あるべき緑豊かな国に、戻
すことをお手伝いしたいということです。これは2年や3年で出来ることで
はありません。
 子どもたちが将来、食料のことで困ることのない環境に少しでも近づける
ことができるよう、力になれればと考えています。
 甘い考えかもしれないし、行ったとしても現地の厳しい環境に耐えられる
のかどうかもわかりません。
 しかし、現地に行かなければ、何も始まらない。
 そう考えて、今回、日本人ワーカーを希望しました。

 2003・6・15


ご家族、関係者の皆様に心からお悔やみを申し上げ、
伊藤和也さんのご冥福をお祈り致します。




posted by toshsurf at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

伊藤和也さん 画像
Excerpt: アフガン邦人殺害:伊藤さん殺害 家族、悲しみ深く 「まだ夢か幻のよう」毎日新聞アフガニスタンのジャララバードで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」(福岡市)のスタッフ、伊藤和也さん(31)が拉致、殺..
Weblog: 斎藤隆 黒田 記事 
Tracked: 2008-08-29 13:15

■NHKスペシャル 菜の花畑の笑顔と銃弾。 戦乱のアフガニスタンで31歳の青年の目にはいったい何が映っていたのか。
Excerpt: 2008年8月。31歳の青年がアフガニスタンで殺害された。 青年の名は、伊藤和也
Weblog: そこに魂はあるのか?
Tracked: 2009-02-26 20:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。