東京は神田日本橋エリアの
岩本町でカフェやってます。
http://www.onedrop-cafe.com/
皆様よろしくごひいきに!

といいつつ最近はお店blogとTwitterばかり。。。

縁を大切に、迷ったらワクワクする方を選んで!
後は全力疾走です!!

なんてったって、
生きてるだけでまるもうけ!!ですから!!!



2009年05月18日

信じている事しか、やりたくない。紀里谷和明

昨夜放送の情熱大陸を録画で。

映画監督 紀里谷和明

内村光良の幼稚園の同級生
Kiyotasurf氏の中学の同窓生?
中学でアメリカに留学したヤツ
独学でカメラを学んできたオトコ
宇多田ヒカルの元夫
Traveling の PV でMVA(スペースシャワーの)BEST VIDEO OF THE YEAR受賞
初監督映画CASSHERN で「これは映画ではない」と酷評されたオトコ
ボクの朋友太田ノリに似てる感じがするヤツ。

公開中の映画「GOEMON」の製作期間中に行われた取材。
とてもいいものを見せていただきました。
強い意志を感じました。
信じた事に対して誠実に行動しているカレを尊敬します。

最後の決め台詞的に使われた、取材中の言葉。
紀里谷「自分の不本意なことはやりたくない」
取材 「歯車にはなりたくない?ってこと?」
紀  「歯車でもいいんだよ」
紀  「自分が信じている事しかやりたくない」
ナレーター
「そのためにも、紀里谷は自分の限界に思いを巡らせたりしない。
考えればそこが終わりだからだ。」

うむ、それを実行できてる人は強い。
世の中的に「マッチョ」な存在に見られがちで、
皆に好かれるキャラじゃないかもしれませんが
ボクは気になる存在から、好きな存在に成りました。

ただ、カレの創る世界観が好きかと聞かれたら
大好き〜!!ってわけでは全然ないんですけどね。
って、GOEMON 観てから言えって話ですな〜。
興味がわかないのは何故でしょう(笑)

食わず嫌い止めてみてみようか。
でも興味わかないんだものなあ。

今日はどこかで時間を作って
さっき届いた引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
読みたいと思います〜。
あ、ホノカアボーイ、さっくり読めます。
ハワイ好き、neighbor離島好きの方どうぞ〜。映画も見たくなってきた。
最近あんまりこういうほのぼの系の本読んでなかったのお。



私の仕事は全てうまくいく。
欲しいときに欲しいものが手に入る。
最高の準備を最速でしてカフェをオープンさせます。

これを信じて前に進みます。
ラベル:TV Book
posted by toshsurf at 12:49| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホノカアボーイ前回の吉田さんの記事といい、他でもかなり同じキーワードが引き寄せられます。

何をメッセージとして伝えようとしているのか。

インスパイアありがとうございます。
Posted by masa at 2009年05月18日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。